So-net無料ブログ作成

パソコン雑誌を捨てる(月刊 ASCII 1983年2月号1) [月刊アスキー廃棄(スクラップ)]

資源ごみに出す前に、読み返してみる。
ASCII1983(02)表紙表裏w520.png

【月刊 ASCII 1983. 2 広告】


まずは、前号と変わった広告から3機種をスクラップする。
ASCII1983(2)MZ-3500w520.png
シャープMZ-3500のキャッチコピーは「プロの目が輝きはじめた。」
この時期で8ビット機「どうしてこっちの方に分岐するかなぁ。」と
【月刊 ASCII 1982.11】
でも書いた。どうにもこうにも売れそうになかったと当時でも思った(はずだ)と36年後の後出しジャンケン。

ASCII1983(2)FP-1000w520.png
CASIOのFP-1000/1100のキャッチコピーは「主役は人間だからこうなった。」
売りのBCD(10進演算)とキャッチコピーが結びつかない。正直2進10進変換誤差のないこの機械一定の分野で需要がなかったのかな?そうか、大学とか研究機関とかは大型コンピューターを使っているから必要なかったのかも。

ASCII1983(2)SMC-70w520.png
はいアスキーがえこひいきしていたと私が邪推しているソニーのSMC-70です。
1月号のキャッチコピーは「ついにソニー。なるほどソニー。」
2月号のキャッチコピーは「見つめれば見つめるほど、ソニーのグラフィック。」
月ごとに変えてる。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。